あなたの知らないIT世界 IT業界の採用やボーナス状況。お役立ちサービスやツールのご紹介。

IT業界の採用人数増加傾向有り

IT業界における求人は、今後どうなっていくのか気になっている方も多いと思います。今の職場がそろそろ危ないかもしれないと、考えると早急に次を探さなければいけません。別の職種に鞍替えするにも年齢が上になると、難しくなるのは承知しているからです。

さる大手の就職斡旋会社の調べで、6月の一般転職求人倍率は1.95倍、求人数・求人社数についても3カ月好調を示しています。求人倍率は、《求人数÷さる大手に登録している転職希望者》です。

ITの「インターネット専門職」での転職の求人倍率は4.89倍でトップ、次が「メディカルエンジニア」で4.08倍、「流通専門職」で3.66倍だそうです。

ITの業界で働きたい人には、まずまずというところ。やはりITは強しです。

6月から夏にかけては企業が中途採用に注目する時期であり、全体的に求人は増加傾向にあります。特にめざましいのが「メディカル」、製薬メーカーの新薬発売に向け動きがあります。そのほか、消費者の購買意欲の増加を受けてか「小売業/外食」や「建設/不動産」の営業やハウスメーカーの管理職などの求人が目立ちます。

2013年に入って講じられた政策により、多少の景気回復が見られるようになり2013年下半期も良くなる気配があります。

景気回復への基本的な考え方や求人数の増加のニュースで、いままで様子をみていた人達が転職への希望を打ち出してくることは間違いなく。下半期も具体的な活動をすることがより一層増えると思われます。

職種面からすれば、上半期ニーズが多かったIT/通信などをはじめとして、幅広い業種や職種で中途採用の再開と拡大が起こるものと予想しています。

採用でのキーワードは、事業のグローバル化、商材、サービスのIT化です。

仕事で評価されたいとお考えのエンジニアの方見ていただきたいサイトです。エンジニア以外でもIT業界に身を置く方、興味がある方には参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です